あるがままに自分を受け入れる

本心と違って明るく振る舞ったり、認めてもらおうとがんばりすぎたり、無意識に人に気に入られるように自分と違う人間を演じたりすることはありませんか。 何十年もそうやって生きているとどれが本当の自分の気持ちなのか、自分が一体何をしたいのかもわからなくなっているかもしれません。

チャクラを整える 7つのチャクラ

チャクラは生命エネルギーを司る、エネルギーセンター、中枢です。サンスクリット語は「回転する輪」を意味し、エネルギーを循環させています。 生命エネルギーとはヨガではプラーナと呼ばれ、中国の気功の気。 主要なチャクラは脊椎に沿って7つあり、心と体に影響を与えています。

シャバアーサナ 深い瞑想

シャバアーサナ、Savasanaはヨガのレッスン最後に完全にリラックスするポーズです。日本語訳は屍のポーズ、無空のポーズ。ヨガのポーズの中でも一番大切なポーズのひとつと言われています。 ヨガが苦手という方も、このリラックスポーズは気持ちがよかったとか、お気に入りいうことが多いと思います。

第1チャクラ ルートチャクラ

3月に入り、ヨガレッスンは「グラウンディング」というテーマで行いました。 大地にしっかりと足をつけて、地球につながっていきます グラウンディングするには第一チャクラ、ルートチャクラを意識して、バランスを整えてます。

ありのままの自分

今日は新月、おめでたい春節(旧正月)です。新しいことを始めたり、何か目標を設定したり、夢を描くにはとてもいい日だそう。 バレンタインデー前ということもあり、今日のヨガレッスンは、ハートオープンニング、ハートを開くというテーマでレッスンをしてみました。

マインドフルネス瞑想 MBSR

マインドフルネスとは今あるがままの状態を意識し、気づいているということ。マサチューセッツ大学医学部ジョン・カバット・ジン博士が1979年にMBSR(マインドフルネス ストレス低減法)のプログラムを医療分野に取り入れたのがはじまりです。

瞑想の恩恵 調和する  

ヨガの先生から、数年前毎日ヨガよりも瞑想は必ずするようにと薦められました。ティーチャーズトレーニングを受ける前から、なぜか惹かれて瞑想のセミナーに参加したり、マインドフルネスや禅の本を読んだりして試していました。